6/3/06

レンタルDVDを楽しむ


ネットフリックス(Netflix)というレンタルDVDサービスを利用して半年ぐらいになる。DVDが郵送で送られてくるので、いちいち店まで借りに行き&返却する手間がなくてとても楽だ。しかも返却の期限が無いのが、「いつまでに見なくちゃ」という変なストレスが無いのでいい。返却しないと次のが来ないから、見終わったらすぐ郵送することになる。よくできているシステムだ。

見たい映画は、ネットフリックスウェブサイトで検索する。アメリカは映画の公開が終わると結構早くDVDが発売されるので、見逃した映画が新作としてすぐ見られるし、「わざわざ映画館じゃなくてもDVDでいいや」ぐらいの映画をネットフリックスで見ることも多い。まあ映画館で見ても、一人$4~7ぐらいなので、高いものではないけど。

アメリカ映画だけじゃなくて、外国の映画も充実している。日本のアニメーションや黒澤映画、海外での評価が高い邦画がたくさんあるのがうれしい。日本の映画は、もちろん日本語で見られるし、英語のサブタイトルも選ぶことができる。最近日本の映画がアメリカで人気が出てきているようなので、将来的にもっとたくさん見られたらいいなあと思う。

サービスの種類も、どれぐらい見たいかによって選ぶことができる。常時1枚手元にある状態で月$10ぐらい。3枚で$20だったか。うろ覚えだが。

以前は3枚のコースだったが、とても見るのが追いつかなくて見ずに返すこともあったので、始めてから4ヵ月後に1枚のコースに変更した。来たらすぐ見て次の日返して、翌日来てすぐ返す、というサイクルだと、週に2枚来ることになる。DVDを週2枚でも結構大変なので、今はこれで十分だ。

あと、家の近くにあるカウンティー(郡)の図書館でも、多くはないがビデオやDVDを貸し出している。先週末はメモリアルデー(戦没者記念日)の連休だったので、図書館で「The Load of the Ring」のDVD3部作を借りて毎晩見た。

アメリカのテレビ番組(地上波放送)は日本ほど面白くないので、映画をたくさん楽しんでいる今日この頃。