9/17/07

オープニングパーティ

9月14日(金)夕方6時から8時まで、展覧会場のノースカロライナ・ポタリーセンターで、オープニングパーティが開催された。



ギャラリーは二つのパートに分かれていて、一つは「Two Roads Diverged: work by Daniel Johnston & Matt Jones」という、アメリカ人の陶芸家2人の展覧会。そしてもう一つが、私の展覧会「Hitomi’s Farewell: work by Hitomi Shibata 」である。


ノースカロライナ・ポタリーセンター ウェブサイト
http://www.ncpotterycenter.com/

直前に大雨が降り竜巻警報も出ていたが、何とか6時までに雨は止んだ。足元の悪い中、100名以上の陶芸家、陶芸関係者、友人達が集まってくれた。

パーティー後、気の置けない仲間達と、隣町のタイレストランで打ち上げ。パーティ会場の食べ物など、一口も味わえなかったので、オーダーしたトム・ヤム・クンとタイチャーハンがとっても美味しかった。たくさんの人としゃべり、作品の説明をし、かなりへとへとに疲れてしまったが、多くの人に見てもらえてよかった。

9/10/07

今日の晩ごはん


日曜日の晩ごはんをアップ。土曜日の買出しで特売だったのが、NC産のジャンボシュリンプ(エビ)。いつもは1パウンド当たり$10以上するのだけど、昨日は$7だったので、1パウンド購入した。

小さめの車えびぐらいの大きさのエビが、30匹ぐらい入っていた。ひとつひとつ皮をむき、せわたをとって、ガーリックバターでさっと焼く。他に、絹さやと卵の炒め物、お味噌汁、お漬物。以上が今日の晩ごはんでした。

9/8/07

今日の晩ごはん

今日は土曜日、朝から張り切って畑仕事をして、夕方はちょっと遠いサザンパインズに食材を買いに行った。

アメリカは牛肉が非常に安い。しかも大抵、ステーキサイズかでっかい塊か、もしくはミンチ。日本のように薄切りというのは、普通のスーパーでは見たことが無い。しかも日本だと、薄切り肉とは言っても、しゃぶしゃぶ用、普通の薄さ、しょうが焼きなどのちょっと厚め、と選べるのだからすごい。

さて今日は、久しぶりにステーキを作ることにした。1パウンド当たり$3.49でお買い得だったのだ(ちなみに100gで100円ぐらい)。クレイジーソルト、コショウ、にんにくで下味をつけて肉を寝かせる。ここから肉を焼くのはしばっさんの仕事だ。

私は、今日はビビンバが食べたい気分だったので、その準備を。もやしの根を取り、しいたけ、ニンジンを薄く切り、それぞれさっと湯がく。しっかり水を絞って、ごま油とお醤油で味つけしてナムルを作る。レタスを洗って水を切り、小さくちぎる。ご飯の上に、レタス、ナムル、キムチを乗せて、簡単野菜いっぱいビビンバの出来上がり。

たくさん動いてお腹がすいていたので、たくさん食べて、お腹が超いっぱいだ。ごちそうさまでした。

9/1/07

展覧会が始まった

ノースキャロライナ・ポタリーセンターで、個展が始まった。
2年間のレジデンシープログラムを終えた、修了制作展だ。


週20時間ポタリーセンターの業務をしながら、空いた時間で制作をした。
ポタリーセンターは、いつも協力的に、制作や窯焚きをサポートしてくれた。

2年間に登り窯を7回、グラウンドホッグ窯を1回、焼成した。
毎回が新しい試みで、うまく行ったり行かなかったり、だった。

制作追い込み時に体調を崩し、思うように作れなくて、ストレスでじんましんが出た。
柴田や、友人達が、仕事の時間を削って、窯焚きを手伝ってくれた。
周囲の暖かい励ましと協力なくては、成し得なかったことだ。

できるだけたくさんの人に、見てもらえたら幸いだ。

North Carolina Pottery Center
http://www.ncpotterycenter.com/