4/24/08

スタジオプロジェクト1

うちの小さな家の30メートルほど隣に、ボロいガレージが付いている。元は小さな小屋だったのを、屋根を延長させて増築して、今のような形になった。トタン屋根が錆びて、ところどころ雨漏りして、あまり良い状態ではなかった。

3月中旬頃、すごい嵐があって、その時ついにトタン屋根が一部ふっ飛んだ。慌てて屋根の修繕に着手。これから、このおんぼろガレージを、陶芸スタジオに改築するのだ。

錆びたトタン屋根を剥ぎ、傷んだ梁を取って新しくする。その上にベニア板を張り、タールペーパー(水をはじく黒い不織布)を貼り付ける。そして新しく購入したピカピカのトタンを貼り付けていく。

週末ごとしか仕事ができなくて、しかも雨続きだったので、なかなか進まなかった。一生懸命屋根の上で仕事をするしばっさんと、下から応援する私とオゲ男。

やっと屋根が張り替えられた、と思いきや、一部の柱と基礎がかなり傷んでいることを発見。壁を大量に剥ぐまで知らなかった。これから傷んだ柱を取り替えて、壁の枠を入れて、窓も入れて、壁を張って、という作業が続く。

夏までには、何とか。
そして、次はついに薪窯。