12/19/08

薪窯焼成(2008年12月)に向けて

先月薪窯を焼成したときの日記のタイトルは「薪窯焼成(2008年11月)」だった。わざわざカッコで11月、と書いたのは、次の窯が12月にあることが分かっていたからだ。

あああーーー何で毎月薪窯焚きますかーー。

もう嫌や、しんどい。

・・・なーんてね。

と言うわけで、今制作の追い込み中。最近雨続きなので、生地が乾かず困っています。窯焚きは多分来週末、搬入が年明け。今年のクリスマスは、窯詰めで丸つぶれになりそうです。

写真上:仕事場。手前がしばっさん、奥が私の制作スペース。もうわやくちゃ。
写真2番目:しばっさんの壷、花器。装飾のしのぎ。
写真3番目:私の大鉢。ろくろ引いた直後で63cm。腰痛い。
写真下:どんどん作る。棚をうめる。

しばし更新が滞るやもしれませんが、一生懸命仕事してますのでご容赦を。

12/13/08

窯プロジェクト3

結局、トニー率いる大工さんズは、延べ3日(丸一日×2、半日×2)で窯屋根を完成させた。
すーーーーごーーーーーい。

垂直水平がちゃんと取られて、家より頑丈そうな(笑)、新築の窯屋根をご覧ください。ドゾ。
何か、露天風呂の屋根みたいだな。

後から、エクステンション(軒)を縦横に付け足すので、また見た目が変わるけどね。

気になる建築費用ですが、コソっとここに。
材木代 $1500
トラス(屋根枠) $600
トタン(屋根) $800
大工さんズ人件費 $1500

合計$4400

2月ぐらいに整地して、3月から穴窯を築きます。よっしゃ。

12/5/08

窯プロジェクト2

火曜日から中2日挟んだ金曜日、トニーと大工さんたちが続きをやってくれた。
今日はトラス(屋根のための三角形の木枠)を上げるのだ。

昼から外出して、夕方暗くなったことに帰宅したら、もうトラスが全部上がっていた。
今日で丸二日終了。後はトタンを張るだけ。
めーーーーっちゃ、早ーーーーーい。

斜面の上の方(煙突側)から

屋根は2段になっております

斜面の下の方(焚口側)から

予算がかなりタイトなので、左右に作るエクステンション(軒みたいなん)は、追々自分たちで付けていくことになる。そこは薪置き場になる予定。でもその前に、窯を築かないとね。

12/2/08

窯プロジェクト1

連休明けの月曜の朝、近所の大工さんトニーから電話がかかってきた。
「明日の朝から、窯屋根の工事始めるから」

トニーにお願いしたのは、薪窯のための窯屋根を建ててもらうこと。
窯屋根の大きさは16×32フィート(約4.8×9.6m)。
スタジオの北側の元トウモロコシ畑の斜面に建ててもらうのだ。

彼も他に仕事をいくつも抱えているし、こっちもバタバタと忙しかったので、
なかなか工事の日にちが決められないままでいた。

そして火曜日の朝8時半に、もう仕事に取り掛かるトニーと大工さんズ。
一日で柱を6本埋めて、コンクリを流して、垂直を見て、固定して、梁を上げた。
やっぱり、本職は仕事が早い。餅は餅屋だ。斜面の下の方から窯屋根の枠を見上げる。
手前左に積んであるのは「トラス」と呼ばれる、屋根の三角の部分の木枠。
向こうの方に小さく見えるのは、オゲ男とストローラー。
大きさが何となく、わかるでしょう?
そしてその奥にかすかに見えるのは、今年2月に購入した28tの窯用レンガ。

次は木曜日、雨が降ってなかったら、続きをやってくれるらしい。
トニーの見積もりでは、延べ4日あれば窯屋根が完成するという。
多分年内には完成できるだろう。すごい。

これから来年の夏にかけて、穴窯を築窯するプロジェクトが始まります。
予定では、12月中に窯屋根完成、来年春までに整地終了、
春から夏に掛けて築窯、秋に初窯、という感じ。

全工事が無事に、スムーズに、進みますように。

安全第一やよ