3/21/09

窯の基礎工事

今日は朝から快晴。
おととい急に降った雨の水もやっと地面から引いて、まさに土木工事日和w。
朝10時半に、近所に住むビルダーのキースが来てくれて、窯の基礎工事が始まった。
しばっさんが作った設計図を基に、坂の上の方から一段ずつ、
決められた深さに丁寧に掘っていく。

昼ごろにはもう何段か掘り下げていて、窯屋根の周りには土の山ができていた。
そして仕事開始から5時間後の午後3時半には、大体の工事が終了。
まだショベルで、丁寧に掘らなければならないけど、
出来るだけのところまでキースに掘ってもらえたのでよかった。
いやー、やっぱり機械の力はすごい。
人の手でやると何日もかかりそうな仕事を、たった数時間でやってのけるのだから。

仕事じゃないのに、興味があるから、と見に来ていた同僚のサンちゃんも、
いつの間にかショベルを片手に、地面を均したり、土の山を片付けたり。
前の仕事がランドスケープ関係だから、やっぱり見てるだけじゃつまらないのだとか。次の過程は、基礎を正確に均して、砂利を引くこと。
また雨水が振り込まないように、エクステンション(延長の軒)を早めにつけること。
そしてやっと、レンガを並べて、窯を築いていく。
日も長くなってきたことだし、ぼちぼちやっていきましょう。

オ「全然つまらんのやけど 犬「わしも」

3/7/09

窯の基礎を試し掘り

3月7日の土曜日は朝から快晴。気温も温かい。こんなに気持ちのいい朝は久しぶり。
早速ショベルを持って、窯の方に行ってみる。
何度も考えて書き直して、やっと決まった穴窯のデザインを元に、
先日は、窯の内寸の部分に木の杭を打って大体の大きさをイメージして、、
今日は、どのぐらいの深さになるかを確認するための試し掘り。午後一番に、近所に住むビルダーのキースに来てもらい、現場を見てもらう。
彼に窯の基礎を、ショベルカーとかで整地してもらうのだ。
キースはベテランのビルダーで、2年前のスターワークスでの窯の基礎もやってくれた。
今回の仕事の見積もりもリーズナブルで、お天気がよければ来週末に整地をしてくれると言う。

さあ、春もやっと訪れたことだし、いろいろやらねばならないことを、ぼちぼちやっていきますか。