12/29/09

窯屋根エクステンション4


朝、薪ストーブ用の薪を切っていたら、10時半ぐらいにチーム・トニーがやってきた。煙突の上の屋根の一部が残っていたのを仕上げにきてくれたのだ。煙突の周りに、雨水が流れ込まないように細かく細工をしてくれる。結局3時間ぐらいでそれも終了。12月上旬から始まった窯屋根のエクステンション工事も、今日で全て終わった。延べ8日間(内3日は半日仕事)。寒い中、本当にありがとう。

窯の後方から

窯の前方から

今年中に穴窯のドアと、煙道の細部仕上げ、そしてできれば後6~7段ぐらい煙突を積み上げれたら、満足の仕事納めになるのにな。しかしまたしばらくの間気温がぐっと下がりそうなので、焦らず、欲張らず、できるだけのことをやりましょう。

12/28/09

薪窯・二の間と三の間のドア

今日はニの間と三の間のドア作り。ぴったりの幅にブロックを切って、積み上げていかないといけない。寒い中、黙々と仕事を続けて、暗くなる前には完了。

今まで、ひびが入ったりひどく欠けたりしたブロックははじいてきたのだけど、それらを穴窯の前の床に敷き詰めた。これで灰を描き出すのがやりやすいだろう。今晩は-3℃らしい。今年の冬も寒くなりそうだなあ。

12/27/09

薪窯・穴窯と二の間の床



今日は穴窯とニの間の床を仕上げた。
寒い中、お疲れ様でした。

12/22/09

窯屋根エクステンション3

チーム・トニーの仕事も架橋に差し掛かってきた。
屋根材を手早くねじ止めしていく大工さんたち。

屋根の上の少年は、大工さんの息子(10歳)。落ちるなよー。


煙突の部分の加工がちょっと難しそう。でも、雨がなるべく入り込まないように、いろいろ工夫をしてくれている。この辺はレンガの煙突(暖炉用)が付いた家が多いので、この大工さんたちもこういう加工は手馴れてそうだ。

チーム・トニーが屋根を作ってくれている間、私たちはレンガを積む作業を進める。煙突がエクステンションをちょっと超えたところで、雨防止用の加工をするらしいので、とにかくそこまでやってしまわないと。

work work work!

日没までに、無事煙突が軒屋根から顔を出した。大工さんたちの加工作業が終わってから、あと2mぐらい(本屋根の頂点を越えるまで)レンガを積んだら、煙突の仕事も終わり。終わりが近づいてきましたよ。

今日もお疲れ様。

12/20/09

窯屋根エクステンション2

最近気温が下がって、スノーストームもやってきて、窯屋根工事が中断しているのだけど。
今日の午後から大雪が降るかも、という日の早朝、チーム・トニーがやってきて、
午前中、できるだけトタン屋根を張ってくれた。
特にまだ未完の煙突の上を臨時で張ってくれたのは、とても助かった。
11時前にみぞれになって、慌てて片づけをしていたチーム・トニーに、
あったかいスープを持っていくと、とても喜んでくれた。
凍えそうな寒空の中、一生懸命屋根を張ってくれて、本当にありがとう。
来週1日で、すべて張り終えて、窯屋根も完成するだろう。最近しばっさんは、窯の中の床を作っている。
基礎のレンガの上に、水平になるように、床レンガを置いていく。
床は3段、そして火袋。
さあ、段々終わりに近づいてきましたよ。

12/12/09

窯屋根エクステンション1

今週、やっとチーム・トニーが来てくれて、窯屋根のエクステンション工事が始まった。お天気があまりよくないので、ちょっと飛び飛びになっている工事だけど、師走の忙しい中、時間を作って来てくれる大工さんたちには、本当に感謝。以下時系列に写真をば。

12/8

12/10

12/12
エクステンション(延長)とはいえ、もともとの窯屋根よりかなり大きい面積の工事。しかも寄せ屋根の部分の加工が難しいので、時間が掛かってしまうようだ。だけど、雨風から窯をしっかり守るためと、薪を置くスペースや棚板、支柱、ドア用や余分のレンガ、窯道具等の場所、また窯詰めのための作品を置いたり、釉掛けをしたりのスペースにもなるので、多少コストや時間が掛かっても、屋根は大きければ大きいほど良いだろう。

多分来週中には屋根材も張り終えて、工事が終わるはずだ。この寒い中、朝早くから夕暮れまで、一生懸命仕事をしてくれる大工さんたちには、本当に頭が下がる。事故なく、無事工事が終わりますように。

さあ、12月中には窯を仕上げて、なるべく早くに初窯を焚けるように、これから必死で作品を作らないと。年末年始もとっても忙しくなりそうな予感。