3/25/10

窯のインスレーション・3の間


最近非常に気候が良いので、窯土も良く乾く。しばっさんの必死の追い込みで、何とか3の間のインスレーションも終わった。色が少し違うのは、違う土を使っているから。少し黄色みが掛かっている方が、薪窯らしくて、そして土っぽくて、何となくいい感じなような気がする。

これで窯の仕事もとりあえず終了。後は作品作りと薪を切ること。今回も2の間だけ、焼成することになりそう。4月1日に窯を詰めて、2~3日で焚けたらいいなあ、と思っているのだけど。もしかしたら、3の間に素焼きしたいものを入れておくかもしれないな。さてどうなりますやら。

3/19/10

窯のインスレーション・2の間

この数週間、仕事がもの凄く忙しく、しかもワークショップやカンファレンスで多くの人に会い、おかげで風邪をもらって大人二人がダウンしてしまい(オゲ男は全く平気)、身体的も精神的にも非常に苦痛な日々が続いた。しばっさんは1週間、私は2週間風邪を患い、やっと何とか回復したころに、気候が良くなって暖かくなった。今年の冬は本当に長く厳しかったけど、ついに春が来ました。おまけにDST(サマータイム)も始まったし。NCでこんなんだったから、もっと北の辺りは大変だったろうなー。

日の入りが1時間遅くなった分、夕方、窯の仕事がもう少しできるようになった。最近の数週間は、2の間にインスレーションを張り、窯土を塗る、という仕事をしていた。何とか2の間を終え、後は3の間と煙道を残すのみ。でもこれらはインスレーションが薄いので、そんなに時間も掛からないだろう。さあ、これから2週間で物を作って、できるだけ早いうちに窯を焚かないと。薪は、隣のベンが手配してくれたポプラが一杯ある。これらも切って、積み上げておかないと。頑張れ頑張れ。

窯作り、手伝ってるよ

あと、やっと畑のベッドを何個か耕し、レタス、コマツナ、ミズナ、ハーブなどの種を蒔きました。もうさすがに雪は降らないだろう、と思ったので。今年の夏は、多分忙しくてほとんど畑仕事などできないだろうから、手間の掛からないものだけを育ててみようと思う。オゲ男の大好物のプチトマトだけは、何とかちゃんと植えておかないと。

3/11/10

窯のインスレーションはまだ続く

3月2日、おそらくこの冬最後の積雪があった。もうこれ以上寒いのはこりごりだ。これでもか、というぐらい零下の日々が続いた2月下旬から3月上旬。ファイバーの上に窯土を塗りたいのに、凍られると困るのでなかなか仕事が進まなかった。

お天気のいい週末を選びながら、しばっさんが少しずつ塗ってきた窯土も、穴窯の部分が何とかひと段落した。次は塩窯の部分。コンクリートミキサーが小さいので窯土を作るのも大変だけど、インスレーションが完了したら、もう本当に築窯のほとんどの工程が終わる。去年の春から、本当に長かったなあ。