3/16/12

スタジオのコンクリート工事

先週スタジオに敷き詰めた砂利。これではまだ仕事が終わってない。

昨日の早朝(木曜日)に、家の方にも頼んでるシロアリ業者に来てもらい、
砂利の上にすごい量の薬剤を散布してもらった。

この後砂利の上にプラスティックシートを引き、金属のメッシュを敷き詰め、
コンクリートを流しこんで道具で均す、というのが本日(金曜日)のプロジェクト。

まずは朝8時に登場したサンちゃん。土木の仕事は任せとけ。
(前職はランドスケープのコントラクター)

そして朝8時半に時間通りに来てくれた、ぼくちゃんずの憧れの、コンクリートミキサー車。
この中に4立方ヤードのコンクリートが入っていて、
これ全部でスタジオ内と外のコンプリートパッド分の床になるはず。
注:1立方ヤード=0.765立方メートル

思ってたよりデカい

朝6時に起きて準備OKだったオゲ男(右端)

さあ、始まり始まり~
平らに均一に広げるのが難しい
昼前でこの状態
おっさんおっさん、まだ固まってないんやで
(この後ちゃんと足跡を付けていった)

北側(窯側)にコンクリートパッドができた
南側(家側)から
ちょっと残ったコンクリートでランプを作った

 乾くまでに2、3日掛かるので、まだその間はスタジオには入れないけど。
これでちゃんとレベルの取れた、掃除のしやすい、ダストの少ない仕事場になりました。

3/12/12

キース・ザ・ビルダー登場

16トンの砂利が放置されたまま1週間。
ショベルとレイクでぼちぼち広げていったのだけど、これでは埒があかない。
という訳で、毎度おなじみのキースに来てもらい、
砂利をスタジオに入れ、残りを駐車場に広げてもらうことにした。

<前に頼んだキースの仕事はこちら>
窯の基礎工事 (2009年)
窯周辺のクリーンナップ (2010年)

アメリカの男子なら誰でも憧れる、緑と黄色のジョンディアーのトラクター。
うちのぼくちゃんずも、おもちゃのトラクターを2台持ってる。
今回もかぶりつきで、その仕事を見せてもらいました。
バッコーで砂利をすくってもらい
一輪車にガサッと落としてもらう

ぼくちゃん楽しそうやね

スタジオの中に十分入った砂利

何とかレベルが取れた感じ
コンクリートの準備ができた

残りの砂利を均してもらう
やっぱりトラクターすごいわー

真平らになった
これで自分ちの泥濘にはまることもなくなるね

まだ時間があるから、と3年前に倒れた巨木も動かしてくれる

すかさず仕事をはじめるぼくちゃんず
よく働くねー

すっきりしました
そんな楽しい土曜日でした。

3/1/12

砂利来たる

陶家ファンの皆様、長らくお待たせしました。
ようやく陶芸関係のニュースが書けそうです。わはは。

今朝、頼んでいた砂利が到着。
ぬかるみがちな家の前からスタジオに向かって、
砂利を落としてもらいます。
ちょっと近すぎませんか
と思ったら、きっちり落とし始めてくれた
おっちゃんグッジョブ!
残り全部をスタジオ前にダンプ
仕事終了~
はい、さいなら~
これで16トン
 これから、ちょっとだけスタジオのリノベーションが始まりますよ。