12/16/14

ホリデーセール2014

感謝祭が終わったら、クリスマスギフト商戦が本格的に。
我が陶家も、12月の毎週土曜日はお店を開けています。

そして12月13日(土)には、
町中のスタジオがホリデーセールを開催。
先月の陶芸祭から持って帰って来た陶器を並べて、
クリスマスツリーとリースを飾って、
お客さんに見てもらえるようにしました。








もうかなり減って来たけど、まだちょこっと残ってますよ☆

11/25/14

陶芸祭終了

いやもうクタクタに疲れた週末でした。

毎年参加している、シーグローブの陶芸家集団による、
Celebration of Seagrove Pottersという陶芸祭り。
今年もチーム陶家、お店を出しました。

以下、今年のお店の写真をずらずらっと。

金曜日夜の前夜祭が始まる10分前に、やっとセットアップ完了

以下はしょります。

11/17/14

Celebration of Seagrove Potters


今年のシーグローブ陶器祭りに、我が陶家もまた参加することになりました。


以下の写真は10月と11月に焚いた窯の作品から。







そして昨年の展示風景はこんな感じ。





----------------------------------------------------------
7th Annual Celebration of Seagrove Potters

November 21 - 23, 2014
Friday Nov 21, Gala 6 - 9
Catered reception, live music, collaborative auction, 1st pick of pottery

Saturday, Nov 22, 9 - 5
Silent auction 1 - 3
Demonstrations 12 - 5

Sunday Nov, 23, 10 - 4
Demonstrations 11 – 3
Entertainment 1 - 3

Saturday &Sunday Show Admission $5
Children 12 & Under Free
Friday night Gala $45 in Advance
Gala tickets and more info available at www.CelebrationOfSeagovePotters.com
---------------------------------------------------------

たくさんお客さんが来てくれるといいですね。

11/15/14

怒濤の窯焚き11月編

10月に窯を焚いたばかりなんですが。

キルンオープニングで器が減って、
しかも来年早春にある展覧会に作品を持って行ったので、
次の山場、シーグローブ陶芸祭に向けて、
売れそうなものをささっと作って、
窯を焚くことになってしまいました。

いやもう10月から11月までの時間の経つスピードが、
何か尋常ではなかった。。。。




11月上旬は、薪の準備、釉薬掛け、窯の準備など。

紅葉がきれいやなあ

窯詰め時間掛かった

午前3時に窯のドア積み終わり。。。
さ、さぶい。。。

そして早朝から窯焚き始め。
薪が湿ってて、温度が上がらず。
午後10時の時点でまだ1000℃にも届かず。

これは長い夜になりますな。

何で毎日寝んと、こんなことやってるんやろうね。

朝5時。東の空が明るくなってきた。

夜明け前。



午前10時に焚き終わりました。

その後疲れた身体にむち打ちながら、
窯の周りの片付け、薪の片付け、
そしてお父さんは草刈りも。

その日は午後8時に、全員撃沈しました。


窯出し

いいのも悪いのも。
よっしゃ、次は陶芸祭り。

10/12/14

秋のキルンオープニング

窯は焚けた。後は展示。

おっと、ギャラリーの片付けがまだやった☆

ってな訳で、筋肉痛の身体にむち打って、
ギャラリーの開かずの間その1、元オフィススペースを片付けました。

ペンキ塗り 
ここまでに、ボチボチやって2日かかった

以下はしょります。

10/8/14

怒濤の窯焚き10月編

いやもうホンマ疲れた。。。
秋は毎年こんなんで、
いややいやや言い続けてるし。。。

ってな訳で、薪塩窯、強行突破で焼成しました。

以下はしょります。

9/27/14

秋のキルンオープニング

陶家初・秋のキルンオープニンングのお知らせです。

Studio Touya Kiln Opening:
Oct 11 (sat), 10am-5pm
Oct 12 (sun), 10am-3pm

薪窯で焼いた急須、飯椀、湯のみ、片口などを展示販売します。
また新しい陶器ギャラリーのグランドオープニングです。
ただいま印刷中のポストカードはこんなん。



がんばりまーす。

9/19/14

陶家秋の陣 制作スタート

8月半ばから、陶器の制作を開始しました。

スタジオの片付けもある程度できたし、
しばっさんが新土練機で土の再生もしてくれたし。

あとは作るだけ。
それがなかなか、腰が重くてね。。
しばっさんのロクロスペース
以下はしょります。

9/2/14

クレイキャンプ2014終了

毎年寿命が縮む思いで取り組んでいるクレイキャンプ。
もうこれで最後、と頑張って準備して来た。
8月22日(金)、生徒達が帰って来て、
展覧会のクロージングレセプションを開催しました。

作品の焼成だけじゃなくて、作品展示するのは大変

以下はしょります。

8/24/14

陶芸家ピーター・ハーモン

兵庫県篠山市は丹波焼で有名な窯業地。
そこにピーター・ハーモン氏という陶芸家がいる。
アメリカ・アイオワ州で育ち、日本でお茶を学び、
窯業地丹波で、磁器の作品を作る陶芸家である。
日本の伝統工芸展を主な活動の場とし、
日本人でもなかなかやりにくい、閉鎖的な伝統工芸の世界で、
キャリアを積み、作品を発表し続けるのは並大抵のことではない。

そんなハーモン氏がシーグローブに来られました。
来年3月に隣町でポターズカンファレンスが開催されるのだけど、
そのゲストアーティストとして招聘される予定なので、
今回アメリカの家族を訪ねるついでに、現場視察に来られたという次第。
スターワークスセラミックスにご案内

以下はしょります。

8/6/14

スタジオの片付け

陶器ギャラリーができて、物がごっそりそっちに移ったら、
スタジオの中が、がらーんと空っぽに。

ゴミを捨てて、空き段ボール箱を畳んで、スタジオ内を片付け始めた。


そして去年奮発して購入した、シンポの混練機+真空土練機と、タタラマシーンを設置。この2台で、合計ご、ごせんどるはするんですよ。。。
いいねー

以下はしょります。

7/29/14

陶器ギャラリー作り

新家に住み始めて3ヶ月。
古家に残したものも少なくなり、
要るものを取りに帰ることも随分減ってきた。
7月に入ってから、ぼちぼちと古家の改造を始めた。

とは言え、まだ子供の絵本や服や書類は山積み。

それに電話のラインとDSL(インターネット)は古家に繋がってて、
それを新家までwifi飛ばして、辛うじてインターネットを使っている状況。
早く電話会社が新家にケーブルを取り付けて、
古家のジャマくさい配線を、全部取っ払えないものか。。

何とか古家を完全に片付けて、陶器の展示に使いたいが、
今は時間もお金も元気もないので、
元キッチンとリビングルームだけの改造から。

まずは汚くなってた北側ポーチのスクリーンと枠を取り払う。

懐かしい元我が家(新家から歩いて1分)


以下はしょります。

7/26/14

クレイキャンプ2014

毎年6月中旬〜下旬は、クレイキャンプでクタクタ。
今年は6月第3週に初級クラスがあり18人の生徒。
第4週は中級・上級クラスで12人。合計30人。
しかも予算の関係でアシスタントは雇えず。。。

できるだけ早めに準備を始めて、
しばっさんや新人のアダムWにも手伝ってもらって、
友人の陶芸家にもボランティアで来てもらって、
何とか2週間に及ぶキャンプを終える事ができた。

以下はしょります。

4/22/14

怒濤の窯焚き2014年4月

毎年4月はいつも、怒濤の窯焚き。

ところが今回は、今までにない切羽詰まった窯になってしまった。
まず、陶器を作る時間がほとんどなかった。
3月末までは家の仕上げ、CO(入居許可)と、
銀行へのクロージング関係書類提出で精一杯。
しかも例年にない寒さの厳しい冬で、
零下が無くなってきたのが4月に入ってから。
(スタジオが寒いので仕事が始められない)

4月第2週に入ってから、何とか陶器を作り始めて、
雨が続いて生地がなかなか乾かず、
仕事場の薪ストーブをガンガン焚いて大急ぎで乾燥。
実質1週間もない制作期間。。。

16日(水)に薪で素焼き(←20時間もかかるし)。

以下はしょります。

2/13/14

自作タイルの壁作り

今まで陶器はたくさん作って来たけど、タイルは数えるぐらいしか作ってなかった。本腰でやったのは、マサチューセッツ州立大の学生時(2002年!)の授業の課題。タイル用の石膏押型を作り、壁に飾るタイルを50枚ぐらい作って焼いて、壁掛け作品にして、学校を去る時にゴミ捨て場に捨てて来た(笑)。クソ重たい壁掛けを処理してくれた業者さん、すんません。。。

積極的にタイルを作らなかった理由は、需要が無い、手作りタイルは歪む、窯の場所を取る、飾りタイルに興味が無い、等。土の板にプレッシャーを掛けれるタタラマシーンが無いと、乾燥&焼成で歪むし、そんな機械も持ってないし。

以下はしょります。。。