4/22/14

怒濤の窯焚き2014年4月

毎年4月はいつも、怒濤の窯焚き。

ところが今回は、今までにない切羽詰まった窯になってしまった。
まず、陶器を作る時間がほとんどなかった。
3月末までは家の仕上げ、CO(入居許可)と、
銀行へのクロージング関係書類提出で精一杯。
しかも例年にない寒さの厳しい冬で、
零下が無くなってきたのが4月に入ってから。
(スタジオが寒いので仕事が始められない)

4月第2週に入ってから、何とか陶器を作り始めて、
雨が続いて生地がなかなか乾かず、
仕事場の薪ストーブをガンガン焚いて大急ぎで乾燥。
実質1週間もない制作期間。。。

16日(水)に薪で素焼き(←20時間もかかるし)。

以下はしょります。